目的・趣旨

COMLが活動をスタートした1990年は、マスメディアで初めて “インフォームド・コンセント” の必要性が紹介された年でもありました。
当時、医療は「お任せ」するのが当然で、受け身の患者が大勢を占めていました。
しかし、ときに病気はいのちや人生を左右する問題です。
そんな大切なことを人任せにするわけにはいきません。
自分の問題としてしっかり向き合い、どういう医療を受けたいのかを考えることが必要です。
また、COMLの日常の活動の柱である電話相談に耳を傾けていると、
患者が不満や悩み、不信感を抱く原因の多くは医療者とのコミュニケーションギャップであることを痛感させられます。
ただ、コミュニケーションは一方だけの努力では成り立ちません。
納得いかない結果を避けるために、患者にも努力が求められています。
そこで、COMLでは患者・医療者双方のコミュニケーション能力を高める活動にも取り組んできました。
一時期高まった医療不信が落ち着き、改めて医療を冷静に見つめる目が問われています。
患者と医療者の協働の実現と、より良いコミュニケーションの構築。
そのような目標に向かって、COMLは努力を重ねてまいります。

註:COMLが目指す “協働” には、同じ目的に向かって立場の異なる者同士が協力し合うことという意味があります。